learnlatex.org

縦書き

pLaTeX

% !TEX platex
\documentclass{tarticle}

\title{p\LaTeX\ 実験}
\author{林蓮枝}

\begin{document}

\maketitle

\begin{abstract}
本稿では、文書組版システムp\LaTeX{}の使い方を解説します。
p\LaTeX{}を利用するときには、あらかじめ文章中に\TeX{}コマンドと呼ばれる組版用の指示を混在させ\ldots
\end{abstract}

\section{導入}
こんにちは世界

\end{document}

upLaTeX

% !TEX uplatex
\documentclass[uplatex]{utarticle}

\title{up\LaTeX\ 実験}
\author{林蓮枝}

\begin{document}

\maketitle

\begin{abstract}
本稿では、文書組版システムup\LaTeX{}の使い方を解説します。
up\LaTeX{}を利用するときには、あらかじめ文章中に\TeX{}コマンドと呼ばれる組版用の指示を混在させ\ldots
\end{abstract}

\section{導入}
こんにちは世界

\end{document}

LuaLaTeX

% !TEX lualatex
\documentclass{ltjtarticle}

\title{Lua\LaTeX\ 実験}
\author{林蓮枝}

\begin{document}

\maketitle

\begin{abstract}
本稿では、文書組版システムLua\LaTeX{}の使い方を解説します。
Lua\LaTeX{}を利用するときには、あらかじめ文章中に\TeX{}コマンドと呼ばれる組版用の指示を混在させ\ldots
\end{abstract}

\section{導入}
こんにちは世界


\end{document}

Japanese Next lesson